インドネシアとの貿易(輸出・輸入)
における基礎知識を徹底解説

  • 海外物流
  • 国際輸送
  • 東南アジア
インドネシアの通関手続きの流れ
輸出が規制されている品目
輸入が規制されている品目

2018年現在、世界第4位の人口を誇るインドネシアは、その人口の多さや最低賃金の上昇に支えられた旺盛な個人消費を背景に、堅調な経済成長を続けています。そしてその経済成長にともない、輸出額と輸入額を合わせた総貿易額は2018年時点で約3,700億ドルにのぼり、この10年間で約2倍弱の成長を遂げています。また、総貿易額の中で対日比率は約10%を占め、インドネシアにとって日本は重要な貿易相手国の一つと言えるでしょう。
そこで今回は輸出入手続きの流れや、輸出入に制限が設けられている品目についての情報など、インドネシアとの貿易の際に必要な基礎知識を解説していきます。

インドネシアの通関手続きの流れをチェック

まずはインドネシアから輸出入をする際の通関手続きの流れを確認しましょう。輸出入通関の大まかな流れはそれぞれ以下の通りです。[注1]

【輸出通関の流れ】


【輸入通関の流れ】

特に注意が必要なのが、輸入通関にかかるリードタイムです。
インドネシアの輸入通関においては、輸入する物品と輸入者のリスクなどの観点から、輸入申告する貨物を原則以下の3つのレーンに分類していますが、レーン毎に輸入許可が下りるまでのリードタイムが異なります。

レッドレーン 上記1~5のすべての手続きが必要
イエローレーン 上記1~5のうち、書類検査官の判断により4が省略されることがある
グリーンレーン 上記1~5のうち、4が省略される

以上3つのレーンのほか、優良事業者は書類審査や現物検査が必要ない「通関優先パートナー(MITA)レーン」を利用できますが、MITAの認定を受けるには一定の基準をクリアする必要があります。

[注1]輸出入手続|ジェトロ

インドネシアからの輸出が規制されている品目をチェック

海外との貿易においては、国際条約や各国の法令等によって輸出や輸入をしてはいけないものや、数量を制限されているものなどがあります。
そこでまずは、インドネシアにおいて輸出が規制されている品目について見ていきましょう。

輸出規制品目は、取引そのものが禁止される「輸出禁止品目」、取引できる数量が制限される「数量規制品目」、登録業者のみ輸出できる「業者登録制度品目」の3つに分類されます。1998年に工業省が輸出規制品目を定めて以降、品目ごとに絶えず改正されているため、最新の情報を入手するようにしましょう。[注2]

【代表的な輸出禁止品目】


【代表的な数量規制品目】


【代表的な業者登録制度品目】

[注2]第16章 貿易管理・為替管理|国際協力銀行

インドネシアで輸入が規制されている品目をチェック

次に、輸入が規制されている品目を紹介します。輸入規制品目は、輸入そのものを禁じる「輸入禁止品目」、輸入できる総量や輸入港が規制される「輸入制限品目」の2つに分類されます。インドネシア国民の9割弱がイスラム教であり、輸入規制品目のなかには宗教上の理由で禁止されているものも含まれます。
1997年に商業省・工業省により197品目が禁止・規制されて以来、輸入規制品目はアップデートが繰り返されているため、輸出規制品目同様、最新の情報を入手するようにしましょう。[注3]

【代表的な輸入禁止品目】


【代表的な輸入制限品目】

[注3]第16章 貿易管理・為替管理|国際協力銀行

通関手続きや輸出入が規制されている品目をチェックしてスムーズな貿易を

今回はインドネシアの通関手続きや、輸出入が規制されている品目について紹介しました。手続きの方法や規制品目は、関係法令等の改定でアップデートが繰り返されていますので、輸出入の際には物流業者などの専門業者に相談をしてみましょう。

物流コラム一覧に戻る

おすすめ記事