三井倉庫エクスプレス株式会社

一般事業主行動計画

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

女性が仕事にやりがいを持って、長く・活き活きと自身の能力発揮・キャリア形成ができるよう、次のように行動計画を策定し推進していきます。


  1. 計画期間
    2021年4月1日 ~ 2026年3月31日 (5年間)
  2. 当社の課題
    1. 管理職に占める女性の割合が低い
    2. 女性の平均勤続年数が男性の約半分
  3. 目標と取組内容
    1. 目標1:管理職に占める女性の比率を15%以上にする
      ・若手社員を対象としたキャリア座談会、ネットワークイベント等の開催
      ・管理職に対する部下が活躍、能力発揮できる環境作り、人材育成の意識向上を目的とした教育の実施
    2. 目標2:男性の平均勤続年数に対する女性の平均勤続年数割合を現状より60%以上にする
      ・妊娠中、産前・産後休業や育児休業からの復帰後の社員のネットワーク化(両立やキャリア形成に関わるノウハウの共有等)
      ・在宅勤務、時差出勤等の柔軟な働き方の検討

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

三井倉庫エクスプレスは、社員とその家族が心身共に健康且つ調和の取れた生活を送り、仕事と子育ての両立の中で能力発揮ができる雇用環境を整備するため、次世代育成支援対策推進法第12条に基づき、次のように行動計画を策定し推進していきます。


  1. 計画期間
    2019年4月1日から2022年3月31日(3年間)
  2. 当社の課題
    1. 産前産後休業や育児休業、及びそれらに伴う給付・保険料等についての社内の認知度が低く、利用者が限定的
    2. 子どもの出生時に父親が取得できる諸制度の充実度の向上
  3. 目標と取組内容・実施時期
    • 目標1:小学校3年生(年度末)までの子を持つ社員の短時間勤務制度を導入
      ・2019年4月~  社員のニーズの把握、検討開始
      ・2020年4月~  制度導入
      ・2020年10月~  制度に関する社内用パンフレットの作成・周知強化
    • 目標2:2022年3月末までに、子どもの出生時に配偶者(父親)が取得できる休暇制度の充実
      ・2019年4月~  制度設計のための事前調査・検討
      ・2020年4月~  現行規程の部分改訂検討・整備
      ・2021年4月~  新制度設計・制定、社内周知