三井倉庫エクスプレス

トップメッセージ

三井倉庫エクスプレス(株)は、2012年7月に三井倉庫(株)「現三井倉庫HD(株)」とトヨタ自動車(株)の共同出資で誕生した若い会社です。三井倉庫(株)の航空フォワーディング事業を母体に、(株)ジェイティービーの貨物輸送子会社ジェイティービーエアカーゴ(株)、トヨタ自動車(株)の航空輸送子会社 TASエクスプレス(株)が合体する形でスタートしました。その後今日までの間、各々の会社が持っていた強みを合体・強化し、自動車、化学品、電気電子、ファッション業界など日本を代表する大手各社様をはじめ、様々なお客様との取引を継続、拡大させていただいております。

また、2017年4月には三井倉庫(株)など三井倉庫グループ各社の海上輸送事業を当社に集約・移管いたしました。海上、航空の一貫物流機能が強化され、お客様の多様なニーズに一層ダイナミックかつ木目細かくお応えする体制が整ってきております。

会社設立以来、良好な収益実績を継続し、短期間で経営基盤を安定させることが出来ましたのも、ひとえに多くのお客様、関係の皆様方にご支援頂けた賜物と、社員一同感謝しております。

今後も、より多くのお客様に「また次も三井倉庫エクスプレスで」とご用命頂けるようサービスレベルの向上に努め、更にはSCM(サプライチェーンマネージメント)などの領域でもお役に立ちたいと考えております。例えば、当社独自の手法「善玉エアー®」は、SCM導入の汎用パッケージです。航空輸送はお客様にとってトラブル対処用の高価な輸送方法、即ち「悪玉」との認識が一般的かも知れません。しかし「善玉エアー®」では海上輸送をメインとしつつ、航空輸送を積極活用する事で物流費をむしろ低減し、欠品回避、リードタイム短縮、在庫低減などを同時に実現する事を目指します。


私たちは、物流.・SCMでお客様の競争力強化に貢献したいと願っています。私たちのノウハウや努力が、お客様のメリットや、多くの方々の喜びに繋がる事を願っております。

三井倉庫エクスプレス株式会社
代表取締役社長 久保 高伸