三井倉庫株式会社、首里城再建に支援金

三井倉庫ホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 古賀 博文)は、三井倉庫株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 木納 裕、以下「三井倉庫」)の木納 裕 社長が、2019年12月20日(金)玉城 沖縄県知事を表敬訪問し、首里城再建の為の支援金200万円を寄付いたしましたことをここにご報告いたします。

三井倉庫は、2015年12月に那覇港公共国際コンテナタ-ミナルを管理運営する那覇国際コンテナタ-ミナル株式会社(本社:沖縄県那覇市)の株式を取得し、その運営に参画していることから、このたび支援金を寄付させていただくこととなりました。
(関係リリース:那覇国際コンテナタ-ミナル株式会社の株式取得(子会社化)

微力ではありますが、今回の支援が首里城再建に向けた様々な活動への一助となること、そして首里城の一日も早い再建を当社グループ一同お祈り申し上げます。

(左から) 田原 那覇港管理組合副管理者、仲嶌 三井倉庫(株)沖縄事業部長、木納 三井倉庫(株)代表取締役社長、玉城 沖縄県知事、上原 沖縄県土木建設部長

お問い合わせ先
三井倉庫ホールディングス株式会社
03-6400-8017
広報室 鈴木

三井倉庫ニュース一覧に戻る