ANAの「SAF Flight Initiative」プログラムに参画

~ 三井倉庫エクスプレス、三井倉庫サプライチェーンソリューションが協同で ~



三井倉庫エクスプレス株式会社
三井倉庫サプライチェーンソリューション株式会社

三井倉庫グループの中核事業会社である、三井倉庫エクスプレス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:一柳 尚成)と三井倉庫サプライチェーンソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:関取 高行)は、全日本空輸株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:平子 裕志)が持続可能な航空機燃料SAF(Sustainable Aviation Fuel、以下:SAF)の利用を通じて産業バリューチェーンにおけるCO2排出量削減を目的として立ち上げた新プログラム「SAF Flight Initiative:For the Next Generation」に協同で参画し、2月26日にSAFを利用した貨物便で日本から米国への国際輸送を手配しました。

三井倉庫グループは、ESG経営を積極的に推進していく中で、環境分野における重要課題として「積極的な環境負荷低減による低炭素社会・循環型社会への貢献」を特定しており、グループ会社2社が協同して参画するこのたびの取組みは、この課題解決に大いに資するものと認識しております。

これからもサステナブルな物流サービスの提供を通じ、よりよい社会の実現に貢献してまいります。

搭載の様子

搭載の様子

搭載を待つ貨物(社名入り)

搭載を待つ貨物(社名入り)

本件に関するお問い合わせ先

三井倉庫ホールディングス株式会社
経営企画部広報室
メール: kouhou@mitsui-soko.co.jp

三井倉庫グループ ニュース一覧に戻る