新しい働き方「カムバック制度」の導入について

三井倉庫ホールディングス株式会社(東京都港区、社長:古賀博文、以下「当社」)は、新しい働き方の制度の一つとして「カムバック制度」を新設、このたび導入することといたしましたことをお知らせいたします。

これは、育児、介護、あるいは配偶者の転勤等の諸事情により本人の就業継続意欲にも関わらず当社を退職せざるを得なかった元従業員が、その後再び就業できる状況となった場合に正社員として当社に再び就職できるようにする制度です。

意欲の高い元従業員にとって従来の就業形態では復帰が難しかった場合でも、昨今多くの企業で本格的に制度導入が進んでいる在宅勤務や時差勤務を活用することにより、復帰に際しての柔軟な働き方が可能となり、これまでの経験や業務への適性を再び発揮できる就業機会が得られることになります。また現従業員にとっても将来的なキャリアプランの選択肢が増えることとなり、多様な働き方を視野に入れることが可能となります。

当社および当社グループは、重要な社会インフラの一つである「物流」を支える企業グループとして、新型コロナウイルスにより経済活動が厳しく制限される中でも、お客様、従業員、家族、関係者の皆様の安全を確保したうえで、「物流を止めない」という思いを胸に事業活動を継続してまいりました。業務内容による程度の差はあるものの、在宅勤務や時差出勤、ローテーション勤務といった新しい働き方を積極的に取り入れ、その取組みは現在も継続しております。

新型コロナウイルスの影響下、お客様のサプライチェーンにも変更や見直しがグローバルな規模で生じることが予想されますが、当社グループはその変化に対応しプロアクティブに最適なソリューションを提供していきたいと考えています。その際に、一度は職場を離れたものの業務に精通した人材に復帰して再度活躍してもらえる制度を整えることは、当社グループが提供する物流サービスの一層の質の向上とお客様のサプライチェーン見直し支援にも大いに貢献すると同時に、SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標の中の5.「ジェンダー平等を実現しよう」8.「働きがいも経済成長も」の課題解決にも通じるものとなります。

当該制度の導入により全ての従業員がその能力を十分に発揮し、多様な働き方を選択できる職場環境の構築を進めていくとともに、「お客様から信頼される真のファーストコールカンパニー」として価値ある物流サービスを提供していくため、今後も様々な取組みを進めてまいります。

なお、当該制度に関する募集要項等については詳細が決定次第、当社ホームページの採用ページや対象となる元従業員への直接連絡等を通じて順次お知らせしてまいります。

<ご参考>
この「カムバック制度」の取組みは、女性活躍推進法に基づく「えるぼし」認定の評価基準でもある「多様なキャリアコース」の強化に資することも目指しています。

<本件に関するお問い合わせ先>
三井倉庫ホールディングス株式会社 人事部人事課
MAIL:careers@mitsui-soko.co.jp

三井倉庫グループ ニュース一覧に戻る