非効率な流通プロセスをカットし、大幅にコスト削減

  • 倉庫
  • 医薬・医療機器

日系医療機器メーカー様

背景

日系医療機器メーカーA社様では、医療機器の物流に関して非効率なポイントを抱えており、その改善を検討していました。具体的には、「滅菌工場における滅菌工程後、再び製造工場に戻してから販売業者に納入する」という、輸送上の無駄が生じていたことでした。
滅菌工程後、直接販売業者に納入すれば輸送コストは削減できますが、そのためには市場出荷前での保管が前提となり、「医療機器製造業許可」を取得している倉庫での保管が必須だったからです。

ご提案内容

そこで、「医療機器製造業許可」を有する私たちの出番です。減菌工程と、製品をお客様の工場に戻すことなく、直接私たちの倉庫に搬入。そこで、「製造行為」とみなされる検品や説明書を封入などの流通加工を行い、出荷。それにより無駄な輸送をカットすることができるだけでなく、クリーン管理、教育訓練及び内部監査の実施といった、QMSに基づく品質管理も徹底することができました。
また厳密なLOT管理が求められる製品であるため、全ての製品の識別バーコードをスキャンし入出荷検品するシステムを採用しました。

※QMS(Quality Management System):医療機器及び体外診断用医薬品の製造管理及び品質管理の基準

成果



text-align: center;