リテーラーとの直販ビジネスに対応できるSCMを構築

  • 中国
  • 倉庫
  • 家具・家電

海外家電メーカー様

背景

日本市場で成長を続ける海外家電メーカーA社様は、ビジネスの伸張に伴い、日本進出当時から商社経由ビジネス (商社経由の商流・物流) から、リテーラーと直接取引をする形態へ、ビジネススキームの切替を必要としていました。しかし、日本国内でリテーラーとの直接取引に対応できるSCMを構築するにあたり、必要な課題は下記のように多岐にわたっていました。


ご提案内容

在庫管理やシステム構築からグローバルSCMにわたる様々な課題を解決するにあたり、私たちのネットワークと、長年の経験が活用されました。 SCMとロジスティクスのコンサルタントとして、国内外での最適なソリューションを提供するだけでなく、蓄積されたリテーラーとのビジネスノウハウは、製配販連携ロジスティクス・プラットフォーム、共同配送の提供も行いました。

ご提案事例1

中国国内で商品の混載を行い、リテーラーの国内物流センターへの直送を推進することで、輸出入手続きや輸送がまとまり、輸送所要時間を短縮しました。

ご提案事例2

ご提案事例3

日本向け製品に関して国内倉庫入荷後に必要となる日本仕様向け加工作業 (パネルなど日本向け専用部材への交換、販促品等の資材の合体加工) を、輸入後に国内配送センターで実施し、リードタイムを短縮。

ご提案事例4

毎週複数回の会議実施により、綿密な流通加工の工程確認を実施。さらに簡易BOMの開発により流通加工用資材の欠品を防ぎ、資材の発注勧告・発注のアウトソーシングにより、事務作業の負担を軽減。

成果




text-align: center;