横浜港南本牧ふ頭における 定温倉庫新設に着工

当社グループは、中期経営計画「MOVE2015」の事業方針として「アジアパシフィックにおける成長領域への集中投資」を掲げており、三井倉庫では保管を基点とした戦略的ロジスティクスの実現と成長を推進しております。
同方針に基づく投資となる本施設は、約3,200坪の敷地に、混合構造(S+RC)、地上5階建(倉庫4層)、延床面積約9,500坪、全保管庫に定温設備を備える大型施設として2017年10月下旬竣工予定です。

本計画地は、南本牧ふ頭コンテナターミナル至近のE街区に位置し、本牧ふ頭や大黒ふ頭とのアクセスにも優れるため、本施設の稼動により横浜港の輸出入貨物の効率的なオペレーションが可能となります。また、南本牧ふ頭連絡臨港道路整備事業(2017年3月より供用予定)により首都高速湾岸線 南本牧ふ頭出入口が開通し、連絡道路が整備されることで、南本牧ふ頭~主要幹線道路間のアクセスが大きく改善されるため、横浜港を起点に関東圏一体の輸配送ネットワークを広くカバーする三井倉庫の新たな基幹施設としての役割が見込まれます。

【施設概要】
名称: (仮称)三井倉庫㈱ 南本牧事務所
住所: 横浜市中区南本牧3番20
敷地面積: 10,695㎡(3,235坪)
延床面積: 31,565㎡(9,548坪)
構造・規模: 混合構造(S+RC)5階建(倉庫4層)
主な設備: 全館LED照明、全館定温設備、自家発電設備(事務室系統)、入退室管理設備、ITVカメラ、一部壁面緑化採用

お問い合わせ先
三井倉庫ホールディングス株式会社
03-6400-8017
広報室 坂本・鈴木

三井倉庫株式会社
03-6400-8308
営業統括部 杉井・下向

三井倉庫グループ ニュース一覧に戻る