ヘルスケア事業専用施設用地取得

三井倉庫ホールディングス株式会社(社長・藤岡圭)は、医薬品や医療機器を取り扱うヘルスケア事業の専用施設用地として、このたび兵庫県西神地区に7,929.22㎡(2,399坪)の土地を新たに取得しました。 この土地には、神戸市須磨区に建設中のヘルスケア事業専用施設である西神戸事務所第2センター(本年4月末竣工予定:詳細後述)に続く、「西神戸事務所第3センター(仮)」の建設を 予定しています。 関東地区でも現在、北埼玉事務所第1センター(仮)(本年9月竣工予定:詳細後述)を建設中ですが、更に施設棟の拡充も計画中であり、今後の同事業の需要拡大に備えてまいります。

■ 今回取得した事業用地
所 在 地:神戸市須磨区弥栄台三丁目
敷地面積:7,929.22㎡(2,399坪)

当社グループでは、中期経営計画「MOVE2013」の事業方針として「成長領域への集中投資」を掲げており、医薬品・医療機器を中心としたヘルスケア事業の基盤強化を推進しています。現在は、西神戸事務所第1センター(2012年11月竣工)に続き、東西2拠点(以下詳細)に同スペックの高機能専用施設を建設中ですが、今回の用地取得は今後の更なる基盤強化策の一環です。これにより三大都市圏におけるヘルスケア貨物の取扱施設を、近い将来のうちに8施設(専用施設5施設)とする予定です。これらの施設は、今後の需要の伸びが見込まれる医薬品・医療機器の市場への安定供給に資するのみならず、施設を東西の拠点に分散することで、顧客のBCP対策にも寄与しうるものと確信しています

また、当社グループの医薬品・医療機器物流サービスのもう一つの特徴として、製造業・卸売販売業などの業許可を取得し、自社雇用の管理薬剤師を配置していることが挙げられます。これらの特徴を生かした安全・確実な物流機能のご提供を通じて、医薬品・医療機器を必要とされている方々のお役に立てるよう貢献してまいる所存です。

■ 現在建設中のヘルスケア事業専用施設
名 称:西神戸事務所第2センター
所 在 地:神戸市須磨区弥栄台一丁目
延床面積:13,400㎡(4,050坪)
竣工予定:2015年4月末
名 称:北埼玉事務所第1センター(仮)
所 在 地:埼玉県加須市芋茎
延床面積:19,200㎡(5,800坪)
竣工予定:2015年9月


お問い合わせ先
三井倉庫ホールディングス株式会社
03-6400-8017
広報室 長村・鈴木

三井倉庫グループ ニュース一覧に戻る