数字でみる三井倉庫グループ

「物流から価値を」をコーポレートビジョンに掲げる三井倉庫グループ。
1909年の創業以来、世界中のお客さまをあらゆる角度からサポートしています。

グループ概要

創業1909年(明治42年)

東証一部上場1950

グループ会社数89

グループ従業員数
8,747

進出国数21ヵ国

拠点数
国内外約
400カ所

三井倉庫グループは1909年(明治42年)、
日本初の私立銀行である
三井銀行の倉庫部が分離独立したところから
始まりました。
事業環境やお客さまのニーズの変化に合わせ、
設立当初から事業の中心としてきた
倉庫業にとどまらず、
さまざまな産業分野や地域の物流を
支えるためにその機能を充実。
事業の幅を広げ、フルスペックな機能を有する
グローバルな総合物流会社として、
地位を確立しています。

売上

連結売上高
2,255億円

海外売上比率22.9%

世界をカバーするネットワークを生かし、
海外売上比率は年々拡大。
2017年度には海外売上比率22.9%を達成しました。
国境を越えても日本品質のサービスを提供することで、
お客さまとの信頼関係を構築しています。

取扱量

倉庫の所管面積
東京ドーム28個分

※東京ドームを46,800㎡として算出
※実積値:約1,300千㎡

倉庫保管数量
東京スカイツリー
24個分

※東京スカイツリーを
約36,000トン(タワー鉄骨総重量、展望台含む)
として算出
※実積値:平均約860千トン/年

航空輸送している貨物の数量
貨物機700機分/年

※貨物機1機当たり80トン換算 ※実積値:約56千トン/年

海上輸送している貨物の数量
コンテナ75,000本分/年

※コンテナ(20フィート)1本当たり24トン換算 ※実積値:約1,800千トン/年

陸上輸送している貨物の数量
トラック110万台分/年

※トラック1台当たり10トン換算 ※実積値:約11,000千トン/年

三井倉庫グループは業界・業種にかかわらず、
幅広いお客さまの物流業務を支えてきました。
陸・海・空のフルラインアップの物流機能を持ち、
これまでの知見を生かした物流システムの構築など、
お客さまの物流に関するお悩みに対して、
グループを横断した総合的なソリューションを
ご提供できるのが強みです。
また、医薬品や自動車部品、美術品など、
特別な管理環境を要する貨物においても、
高い専門性と万全な設備で品質を維持し、
お客さまからの信頼を得ています。

※データは全て2017年3月期末時点