TOP>歴史コラム>明治42年 神戸編

歴史コラム 明治42年神戸編

外国に向けて開かれた神戸小野浜で総合物流サービス業への第一歩

>グループ沿革のページへ戻る

<昭和30年頃の兵庫県神戸市にある小野浜倉庫> 

 

 

<大輪田泊から綿花ブームの舞台へ。外国に開かれた貿易拠点、神戸>

神戸の観光名所として有名な異人館や南京町は、神戸が早くから外国との交流を行ってきたことの名残で、欧米人が居住していた西洋風住宅が異人館、横浜や長崎と並ぶ日本三大中国人街の一つが南京町と呼ばれています。古くは、兵庫港は大輪田泊とも呼ばれ、平清盛による大修築により、日宋貿易の拠点として栄えた港でした。兵庫港は1858(安政5)年の日米修好通商条約に基づいて、横浜や長崎とともに開港される約束となっており、実際にはその10年後、1868(慶應3)年に開港されました。北は西国街道、南が海、東西をそれぞれ生田川、鯉川、に囲まれており、生田川の河口は小野浜と呼ばれる土地が三井倉庫が総合物流サービスに踏み出した舞台になります。

その後、現在の東洋紡の基礎となった大阪紡績が1882年に創業されたことをきっかけとして、日清戦争後の1895(明治27)年から「第二次企業勃興期」と呼ばれる紡績会社や精糖会社の設立ブームが発生。大阪中心に多数の紡績会社が集中し、綿織物産業の機械化により生産量が増大し、輸入綿花や輸出向けの綿糸・綿布の倉庫の需要も増大しました。

昭和40年頃の様子

 

                     

<恐慌を乗り越え、荷捌き業務へ進出>

この需要に対応するため、1900(明治33)年7月に三井銀行神戸支店小野浜倉庫(18,410㎡)が開業されました。企業の設立ブームの結果、過剰生産よる製品価格の低下や企業の利益率低下が引き起こされ、同年、日本経済は恐慌の波に襲われたものの、不況時には金融緊縮のため担保金融を求めて倉庫利用が増加しました。

さらに、開港以降に激増する出入船舶に対応するため、1907(明治40)年9月から大規模な第1期整備拡張工事が行われ、三井倉庫も1915(大正4) 年から神戸小野浜の埋め立てに取り組むことになります。同年には買収を前提として神戸桟橋会社と共同経営を開始し、荷捌きと船積み業務へと進出しました。 1917(大正6)年には日本棉花同業会と東京倉庫(三菱倉庫の前身)、神戸桟橋会社との間の棉花取扱契約に三井倉庫(東神倉庫)も参加することになり、 神戸に輸入する棉花の4割(大正時代のピーク時は約18万トンにのぼる) の荷捌きを神戸桟橋会社とともに担当することになりました。日本郵船や東洋汽船、大阪商船、PO汽船、MM汽船などのステベ業務(Stevedore、船 内荷役)も神戸桟橋会社から引き継ぎ、現在の港湾運送事業の発展の基礎となったのです。東神倉庫の「神」の字には、新時代を切り開く舞台となった、神戸の 拠点の存在が反映されています。

 

 横浜市立大学 准教授 山藤竜太郎

2015.4.24

 

ページトップへ