3PLによる徹底した効率化でグローバルレベルでのコスト削減に成功

  • グローバル3PL
  • 小売・卸・日用雑貨

日用品メーカー様

背景

アジア10カ国でビジネスを展開する日用品メーカーA社様は、増大するコストの低減化と、アジア諸国における物流スピードと物流品質の確保が課題になっていました。また継続的な改善が行えるような体制・システムを設計することが重要な要素でした。

ご提案内容

グローバル運営体制確立

私たちの現地法人で実物流会社管理など(エリア3PL)、日本で全エリア管理(グローバル3PL)を実施。3PLチームにて各エリア3PLの管理・全窓口業務・改善提案などを行うことで、 お客様が企画・戦略等のグローバル管理に集中出来る体制を確立しました。

KPI管理

システム導入により各国同様のデータ取得を可能にし、ブラックボックス化を解消。業務毎にKPIを設定し、日々変化するロジスティクスの継続的改善へ繋げました。

情報共有

お客様と定期的ミーティングを実施、KPI集計実績等の情報共有や、各拠点の物流改善事例の吸上と他拠点への水平展開に繋げました。

入札管理

各国・地域で複数物流業者による入札を実施。明確な評価基準を設け能力を数値化し、最適な企業選定を行いました。

海上運賃取得

日本、積地側、揚地側で海上運賃の見積りを取得。さらに定期的な見積取得を実施し、コスト低減を徹底しました。

成果