TOP>グループ概要>コーポレートガバナンス

グループ概要トップへ戻る

コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方

三井倉庫グループは、コンプライアンスに徹した透明性の高い経営を推進し、経済性・効率性を追求するとともに、公正かつ適法な事業運営を実現して企業の社会的責任を果たしていくため、業務執行と監督の分離、相互牽制の強化及び社外取締役、社外監査役など社外有識者によるチェック等が行える企業統治体制を整えております。


コーポレートガバナンス・ガイドライン

三井倉庫グループにおけるコーポレートガバナンスに関する基本的な考え方、枠組み及び運営方針を明らかにするため、「三井倉庫ホールディングス コーポレートガバナンス・ガイドライン」を制定いたしました。
三井倉庫ホールディングス コーポレートガバナンス・ガイドライン(平成28年06月24日改定)


関連資料

資本政策の基本方針
株式の政策保有及び議決権行使に関する方針
サステナビリティ及びステークホルダーとの関係に関する基本方針
ダイバーシティ方針
ディスクロージャーポリシー
個々の取締役・監査役の選任、指名理由
社外役員独立性基準
株主との対話に関する基本方針

ページトップへ