TOP>CSR>コンプライアンス

CSRトップへ戻る

1.三井倉庫グループのコンプライアンスへの取り組みについて

 

コーポレートガバナンスの基本的な考え方

三井倉庫グループは、コンプライアンスに徹した透明性の高い経営を推進し、経済性・効率性を追求するとともに、公正かつ適法な事業運営を実現して企業の社会的責任を果たしていくため、業務執行と監督の分離、相互牽制の強化及び社外取締役、社外監査役など社外有識者によるチェック等が行える企業統治体制を整えております。



内部統制システムに関する整備の状況

取締役の職務の執行が法令及び定款に適合する事を確保するため、またその他会社の業務の適正を確保するため、内部統制を整備しています。取締役及び従業員が法令・定款及び社会規範等を遵守した行動をとるための行動規範としては、企業倫理規範をはじめとするコンプライアンス体制に係る「内部統制基本方針」規程をグループ内への周知徹底を図っています。



リスク管理体制の整備及び内部監査の状況

三井倉庫ホールディングスのリスク管理担当役員の監督の下、リスク管理部では、企業リスクの発生予防、万一発生した場合に備え、コンプライアンス・ホットラインを設置し、従業員に周知するほか対応マニュアルの整備・更新、内部監査を行い、企業リスクの軽減に努めています。







2.コンプライアンス遵守にむけた取り組み「企業倫理規範骨子」の作成

三井倉庫グループは、法令、社内規則および社会的規範の遵守はもとより、役職員一人ひとりが責任と誇りを胸に、高い倫理規範を持って事業を運営していくことが重要と考えております。このため、企業倫理体制の確立、強化および社員教育等を進めてまいります。

 

企業倫理規範骨子

  • 1. 経営トップは、企業倫理の確立が自らに課せられた最大の使命のひとつであることを認識し、率先垂範して社内ならびにグループ企業においてその徹底を図るとともに、社内外の声を常時把握し、実効性ある社内体制を確立します。
  • 2. 経営トップは、万一、上記に反する事態が発生したときには、自らが問題解決にあたる姿勢を内外に明らかにし、原因究明、再発防止に努めます。また、社会への迅速かつ的確な情報の公開と説明責任を遂行し、権限と責任を明確にした上、自らを含めて厳正な処分を行います。
  • 3. 三井倉庫グループのすべての役職員は、法令を遵守するとともに、お客様、取引先、公的機関等への過剰なまたは違法な接待、贈答、寄付等は、厳に慎みます。
  • 4. 三井倉庫グループのすべての役職員は、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは断固として対決し、関係遮断を徹底します。
  • 5. 三井倉庫グループのすべての役職員は、人種や性別等による差別は行わず、海外においても、各国の文化や慣習に配慮した企業活動を行ないます。
  • 6. 三井倉庫グループのすべての役職員は、お客様情報をはじめとする企業内機密情報の漏洩は重大な不正行為であり、会社の信用の失墜を招くことを認識し、ソーシャルネットワークサービスも含めて情報の適切な取扱いに注意します。
  • 7. 三井倉庫グループ各社は、役職員の倫理観の育成を促進するべく、企業倫理に関する社員教育を積極的に実施し、業務の専門化・高度化に伴い発生が懸念される不正、不祥事等の予防に努めます。
  • 8. 三井倉庫グループ各社は、環境問題への取り組みが人類共通の課題と認識し、企業の存続と活動に必須の要件として、主体的に活動します。

ページトップへ